2010年02月02日

名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も−原口総務相(時事通信)

 原口一博総務相は28日の参院総務委員会で、名古屋市の河村たかし市長が住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)から離脱する方針を示したことについて、「消えた年金記録(の解明)に住基ネットが随分役立っているので、直ちに切断して多くの市民に不利益を被らせることは適切ではない」と述べ、反対する考えを示した。魚住裕一郎氏(公明)に対する答弁。
 さらに同相は、名古屋市が離脱を強行した場合、地方自治法に基づき再接続を求めるための法的措置を取るか問われ、「現行法に基づき適切に執行したい」と肯定した。これまで住基ネットへの参加を拒んでいる東京都国立市と福島県矢祭町に対しては、総務相の指示を受けた両都県知事が是正の要求を行っている。 

【関連ニュース】
自民、片山氏公認せず=参院選「定年制守りたい」
地域活性化へ「緑の分権改革」=クリーンエネルギーや農産物活用
年金運用の見直し必要=原口総務相
陸山会事件、党は調査せず=不動産所有「倫理の問題」
鳩山元総務相に説明求める=母親からの資金提供

<津市長選>24日告示 新人・岡野氏と現職・松田氏立候補(毎日新聞)
一宮西病院の身体拘束「違法でない」…最高裁(読売新聞)
国選弁護人を選任ミス=対象外の容疑者に−福岡簡裁(時事通信)
17歳里見、連勝で女流名人に王手(読売新聞)
総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)
posted by オバタ キンジロウ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。